>  > キャバクラは高級店がいいって思いました

キャバクラは高級店がいいって思いました

やっぱり、キャバクラも高級店っていうものがあって、お客さんもお金持ちが多いんです。だから、いろんな接客術っていうか、接待のテクニックも勉強したし、ある程度の技術があれば、欲しいものってなんでも手に入ると思うんです。渋谷のとある高級キャバクラで学びました。こちらからはおねだりしませんよ。向こうが「買ってあげようか?」っていってくれるのを待つだけなんです。話題が変わったらそれまでだし、深追いしないのがテクニックです。話をする機会はそのときだけじゃないですからね。お客さんも紳士的というか、ある程度社会的に立場の高い人たちが来ますから、よくある、貢いだけど見返りがないから殺した、なんて陰惨な事件も起きないと思うし。キャバクラは最初は渋谷の安いところに行ってそのまま働いてたからそんな風に思わなかったんですけど、友達がね、高級店で働いてたんですよ。「客が全然違うから、そんなとこ辞めてこっちきなよ」って言ってくれたんです。で、こっちにきたんです。客層が全然違うなって思いました。でも、やっぱりキャバクラも高級店になったら作法が厳しいっていうか、ちょっとした所作や言動で注意されるんです。でもその分稼げるので、俄然燃えてきました。

[ 2016-12-20 ]

カテゴリ: キャバクラ体験談